光脱毛器を正しく利用

最近では家庭用脱毛器の性能が向上して非常に便利になっています。

わざわざクリニックやエステサロンに通わなくても、自宅に居ながら本格的な脱毛が行えるようになっています。
特に光照射を行える脱毛器は人気が高く、肌にも優しいと評判です。


効果も優れていますので使い方によっては有効な手段ですので、正しい使い方をマスターする必要があります。

光脱毛を利用する場合、まずは事前に肌を清潔にしておき、水気も拭き取っておきます。

脱毛前にカミソリやシェーバーで剃るのはOKですが、毛抜きで抜くのはNGです。実際に照射を行う場合、同じ箇所を照射しないように印をつけていくと上手くいきます。何か消えるもので肌に区切りをつけておくと、短い期間でも効率良く処理が行えますのでお勧めです。

照射を行ったらすぐに冷却を行い、肌の炎症を鎮めます。
炎症を起こしている時にはとてもデリケートになっていますので、肌トラブルの危険が高くなります。


冷却に使用するのは保冷剤や冷やしたタオルです。



水でしぼった位ではあまり冷たくありませんので、冷蔵庫で冷やしておくと効果的です。
また、炎症が治まったら保湿ケアも行わなければなりません。



保湿ケアを行うと肌中の潤い成分の生成が活発になりますのでコンディションが整いやすくなりますし、適度な水分を維持することができますのでバリア機能が強化されます。



施術後もこうしたアフターケアをすることで、その後の処理がスムーズに行えます。